胸に自信が持てるように豊胸手術を受ける|疑問に答えてくれる医師

女の人

自分はどのタイプのクマ

顔のチェックをする人

クマの種類は三種類

目の下にクマはありませんか。目のクマがあると疲れた印象や老けた印象を人に与えてしまいます。目のクマを隠すために、化粧品でごまかすという人もいるでしょう。寝不足でできるとよく言われるクマですが、年齢と共に気になってきたという方もいるのではないでしょうか。目のクマは何故できてしまうのでしょう。目のクマには種類があります。たるみが原因の「黒クマ」や、寝不足や眼精疲労による血行不良が原因の「青クマ」、またシミやくすみは「茶クマ」の原因となります。目のクマの種類によって改善方法は異なります。まずは自分のクマの原因を調べることが大切です。目のクマの種類を調べる方法は、目の下の皮膚を下に向けて引っ張ります。次に鏡を持って上を向きます。目の下を引っ張った際、薄くなった気がするのが「青クマ」、上を向くと薄くなった気がするのが「黒クマ」、目の下を引っ張っても上を向いても薄くならなった気がしない場合は「茶クマ」の可能性が高いと言えます。

クマの種類による対策

「黒クマ」の場合は、むくみ対策をすることが良いでしょう。塩分を控えたり、マッサージで顔全体のリンパの流れを促進させましょう。その際、コラーゲンを含む美容液を使うとより効果的です。「青クマ」の場合は血行不良を改善させましょう。寝不足や眼精疲労や冷えがあると青クマができやすくなるため、ストレスの少ない規則正しい生活を心がけることが大切です。温めたタオルで目元を温めたり、首や肩のストレッチをしたりすることで改善できます。またなるべく温かい食品を食べるようにしましょう。「茶クマ」の場合は、日焼け止めを塗り紫外線対策を行うようにしましょう。化粧品も紫外線対策のあるものを選ぶことが大切です。ビタミンCを含んだ食材を取り入れることで、メラニン色素によって引き起こされるシミを改善できます。